|

まざっせ周遊ツアー【超科学実験!~宇宙と鉱石の神秘~】開催報告


dsc00670

日にち/平成28年9月4日(日)

まざっせ周遊ツアー『超科学実験!~宇宙と鉱石の神秘~』にご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
去る9月4日に同ツアーを無事に開催することができました。

ツアーでは、星の村天文台を舞台に太陽系を再現したり、また鉱石を採集し、その鉱石を使ってテスターで通電したりブラックライトを照射したりなど科学実験を行ないました。
従来のツアーと異なり、ツアー内で開催する実験の下準備や広大な敷地内で穴掘りをしたりと事前準備に多くの時間を割きましたが、その分だけ参加した子供たちが楽しんで体験してくれたツアーとなりました。

ツアーの様子を写真で振り返ります。

【挨拶】

まずは、今回場所を提供していただいた星の村天文台の大野台長から挨拶をいただきます。

dsc00664

【宇宙体感】

今回のツアーは大胆にも「太陽系を再現」してみました。
星の村天文台の南側駐車場を使って、太陽および各惑星の場所にボールと天体名ボードを設置しました。
太陽から惑星間の距離は実際の平均距離に、また各天体に設置するボールは実際の天体の直径にそれぞれ即した大きさでセッティングしました。
なお、太陽に相当する直径650㎜バランスボールでは現場で大きすぎたので、バランスボールは参考に見せるだけにして、代わりにテニスボールを太陽としました。

参加者に説明しながらだったので当日の写真はありませんが、太陽から各天体の距離感、また各天体の大きさは伝わったのではないかと思います。

dsc00627 dsc00637 dsc00644

(こちらはツアー前日に準備したときの様子。穴掘り、セッティング、空撮の様子)

【鉱石掘り】

上記の太陽系を展開するだけでは面白くないので、子ども達には各惑星の特徴を書いた「問題ボード」を渡し、親子でその惑星の場所を掘ってもらいました。
事前に穴を掘って小石を取り除き、鉱石を入れ砂で埋め戻しておいたので、参加者たちは難なく鉱石を発見することが出来ました。
各惑星の場所から「あったよ!」「鉱石発見!!」と歓声が上がっていたのが印象的でした。

dsc00669 dsc00670 dsc00683 dsc00685

【ドローン空撮ムービー】

宇宙体感の時にドローンを飛ばして上空からの様子を撮影する予定でしたが、ツアー当日は風が強かったためドローン撮影を取りやめました。
代わりに前日に撮影していたドローン空撮ムービーを流し、上空から見た太陽系を参加者に見てもらいました。

見下ろしたムービーは惑星間の位置関係がしっかりわかる内容で、より太陽系の大きさを感じてもらえました。

dsc00689

【超科学実験】

10分の休憩をはさみ、鉱石を使った実験を行ないました。
鉱石の種類や名前、重さなどといった特徴の話から、どうして鉱石は作られるのかといった説明を子ども達は驚きをもって聞き入っていました。
また隕鉄やアンモナイト化石などに直接触れてもらい、「地底にひろがる宇宙」を体感してもらいました。

dsc00702 dsc00713 dsc00717

 

先ほど拾った鉱石を用いて通電実験をしたり、ブラックライトを照射するとどのように光るのかとか、なぜ光るのか、といった説明を行ないました。

dsc00730 dsc00737
最後は天文台に移動して火打石で火花を起こしてみる実験。
ガチガチとぶつけあい、石から小さな火花を発生させました。

dsc00742 dsc00745

【最後の挨拶】

最後も大野台長に挨拶をいただきました。
星や鉱石の魅力を台長の言葉で話していただけたので、より子ども達にその魅力が伝わったのではないかなと思います。

当初の想定より小さなお子様の参加が多かったことや、隣のあぶくま洞に帰りがてら寄ってもらえることを期待して、ツアー行程はすべてこなしながら予定よりも1時間早く終了しました。
参加者の中には、幼い子供がいるので開催時間が短くて助かったという声もありました。

dsc00753

ツアー開始直前まで雨が降り天候が安定しませんでしたが、ツアー後半になるにつれ晴天となり、蒸し暑さを感じる一日となりました。
宇宙と鉱石という、大空と地底それぞれの宇宙に触れたこの思い出が将来、田村市滝根町再訪のきっかけとなってくれることを願ってやみません。

<協力団体>
星の村天文台(田村市滝根町神俣字糠塚60-1) tel:0247-78-3638 (URL
石川鉱石採掘跡保存会(石川町立歴史民俗資料館/石川町高田200-2 tel:0247-26-3768)(URL

37.341839,140.675957

Tags: , , , , , ,

コメントを残す