|

プチマップvol.59 七草・寺社


『七草がゆ・節句のいわれ』

”七草”とは五節句のひとつで、正月六日に早春の若草を摘み、翌朝芽吹きの勢いを食べることにより、
1年の無病息災と招福を祈願する日とされています。

現在では、正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給にもなることから、この「七草粥」が定着したといわれています。

img20171221_16120098

※五節句とは、江戸時代に定めれた五つの節供です。

◎1月7日  七草(人日)の節句

◎3月3日  桃(上巳)の節供

◎5月5日  端午の節供

◎7月7日  七夕の節句

◎9月9日  重陽の節供

 

『七草ってなぁに?』

 (セリ)・・・水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。(競り勝つ)

 (ナズナ)・・・別称 ペンペン草 江戸時代には一般的な食材。(撫でて汚れを除く)

御形 (ゴギョウ)・・・別称 母子草 草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果。(仏体)

繁縷 (ハコベラ)・・・目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にも。(反映がはびこる)

仏の座(ホトケノザ)・・・別称 タビラコ タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。(仏の安座)

 (スズナ)・・・蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。(神を呼ぶ鈴)

蘿蔔 (スズシロ)・・・大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にも。(汚れのない清白)

nanakusa


<寺社・新春行事~郡山市・三春町>

安積国造神社 どんと焼き(郡山市)

如宝寺 七日堂まいり(郡山市)

開成山大神宮(郡山市)

北野神社(三春町)

八雲神社(三春町)

三春だるま市(三春町)

02koriyama_nyohouzi-2 03koriyama_kaiseizan 04miharu_kitano-2

<写真:左から如宝寺、開成山大神宮、北野神社>

Tags: , , , ,

You must be logged in to post a comment ログイン